お肌にハリを与えるコラーゲン

コラーゲンは肌にハリを作る繊維の一つ

私たちの肌の神秘と言われる組織には、肌のハリや弾力を作るコラーゲンとエラスチンと呼ばれる繊維が存在しています。そのコラーゲンなどの繊維が丈夫な状況で作られている間の肌は、ハリや弾力があり、しわやたるみとは無縁な状態ですが、加齢は肌のダメージなどを受ける事により、だんだんに弱まってしまいます。コラーゲンやエラスチンの数も減ります。

肌に直接つけることで、肌のハリや弾力を補うコラーゲン入りの化粧品を利用することで、弱くもろく成った繊維にハリや弾力が戻るようになります。現在では、化粧品だけではなく、飲んでコラーゲンを補うドリンク代ぷのようなものや、健康補助食品としてもこのコラーゲンという成分は使われていますので、化粧品とドリンクなどの食品の両方から取り入れる事が出来ます。

肌の潤いとハリを保つ

コラーゲンは、たんぱく質の一種で、体の様々な組織に含まれています。コラーゲンには、細胞と細胞を結び付ける力や、尿酸や乳酸などの老廃物を排出する働きがあります。コラーゲンは25歳あたりから体内で作られる量が減っていくので、それを補うのがコラーゲンのサプリメントなどです。サプリメントは飲み易いカプセルや錠剤になっています。

コラーゲンのサプリメントを摂取するメリットは、いつでも気軽に飲めること、食事で摂るよりも高濃度で質の高いコラーゲンを摂取できるところにあります。また、コラーゲンの摂取は続けないと効果がなくなっていくので、サプリメントだと出費が抑えられて、お財布にも優しいのです。コラーゲンの体への吸収率をあげるにはビタミンCと一緒に摂ることをおすすめします。